真白きだけの花火よ霞草

三十路で始めるロックンロール。いまだ売れていない天才(自称)バンドマンが語る音楽、文学、哲学、詩、料理、日々、あるいは旅。

4/25

見切り発車で引っ越ししたため、正直もう毎日がバタバタで。

ようやく冷蔵庫と洗濯機が来て生活感が出てきたのはいいのだが、金を稼ぐためにあちこちに顔を出してヘラヘラしたりワケのわからないことに巻き込まれたり、まあ代償として時間を捧げ倒しています。

もういっそ割り切って、四月と五月は金を稼ぐのだと決めると、とんでもないスケジュールになってしまい、こうしてブログに文字を打ち込むのも久しぶりです。

 

ただ日記を書くというのも面白くないので、少しずつコンテンツの案を練っています。でも今は金! 切実に。それとテーブル。家にテーブルないってのは不便だ、、、

 

まあ、なにはともあれ楽しくやってます。ええ、少なくとも気の利いた言葉なんてなにも思い浮かんでこないくらいには慌ただしく、充実した毎日を。