真白きだけの花火よ霞草

三十路で始めるロックンロール。いまだ売れていない天才(自称)バンドマンが語る音楽、文学、哲学、詩、料理、日々、あるいは旅。

2019-02-27から1日間の記事一覧

引っ越し前夜

小津安二郎の『秋刀魚の味』を観たからだろうか、本がよけられて空っぽになってしまった本棚と手前に散らばる段ボール、その中に自分の荷物が収まっていることを考えると、この家に越してきてからの俺の人生というのは「目にするとこれだけのものでしかなか…